アメリカで働きたくなったきっかけ

みんなそれぞれ理容師、美容師になりたいと思ったきっかけがあると思います。

私は実家が祖父母の代から続く床屋だったので
小さい頃から両親の背中を見て育ち、
自然と理容師になるのが夢になっていました。

高校を卒業し、県内のBarberで修行することになり、
通信教育で理容師免許をとることになりました。
はやく免許を取り、スタイリストになってお店のために働きたい!というのが目標でした。

3年のアシスタント時代を経て、目標だった念願のスタイリストになり、お客様の髪を切ることに喜びを感じる一方、”これから私はどうしたいのか”わからなくなる時期が、、、

高校時代のロンドンへの短期留学をきっかけに
海外には興味があったので日本を出てみたいという気持ちはありました。

ちょうどその頃、たまたまアメリカに遊びに行けることになり、カリフォルニアのBarberで髪を切ってもらえる縁ができました。

ロケーションも人も気候も最高で
“ここで働きたい!挑戦してみたい!”という気持ちが大きくなりました。

髪を切ってお客様に喜んでもらえて、
自分も楽しい時間を過ごせるこの仕事を
アメリカでも出来ればいいな、と思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *